自己破産をすると闇金からのDMが増えるのは何故

自己破産や個人再生のように裁判所を通した債務整理の場合、免責が決定してしばらくすると何故か闇金融業者からのDMが増えることがあります。個人差もありますが、中にはそれらのDMの量が急増する人もいます。理由は簡単で、闇金融業者は官報をリストとしてDMを発送しているからです。しかし、問題なのは、何故、闇金融業者は、債務整理をしたばかりで返済能力がないと思われるような人を狙ってDMを送るのかということです。
ここに、闇金の闇金たる所以があるのですが、闇金業者が狙っているのは、正規の金融業者が相手にしないような人なのです。つまり、そもそも認可を受けていない非合法な業者なわけですから、高利で融資をして高い利息を取るなどというビジネスを狙っているのではないのです。闇金の目的は、本当にお金に困っている人に法外な利息でお金を貸し、どうにもならない状況まで追い込んだうえで、自分たちの言うことを何でも聞かせようというところにあります。一昔前なら、女性は風俗、男性はマグロ船というところでしょうが、最近は、さらに凶悪化しており、犯罪行為に巻き込まれてしまうことになります。
闇金にとっては、金融的にはブラックリストに載っていても、犯罪歴のない人は願ってもないターゲットとなるのです。つまり、闇金からのDMは本当の地獄の一歩となるわけで、決して利用してはいけません。しかし、それでも、DMが送られてくるということは、本当にお金に困っていて闇金に騙される人は、債務整理をした人たちの中にいるという事実があるからです。