カードローンの多用で借金の返済が苦しくなる

給料が少なかったので毎月精一杯の生活を送っていました。そのため、予想外の出費が重なった時はかなりマズイ状況になると思っていましたが、あまり深く考えていなかったです。すると、困ったことにひと月の間に結婚式が3つも入ってしまう事態が発生しました。親戚と親友、そして会社でお世話になっている上司の結婚式なので、欠席するわけにはいきません。

出席するとなればご祝儀を持参しなければならないため、毎月精一杯の生活を送っている状況だったので非常に困りました。とりあえず1つ目の結婚式が迫っていたので、すぐにでもお金が必要でした。そのため、銀行でカードローンを申し込み、なんとかご祝儀に充てる分のお金を準備することに成功しました。カードローンは金利の高い融資商品なので、発生する利息は少なくありません。

ですから、本来であれば1度だけの利用に留めておくべきだったのですが、簡単に現金を引き出せるので感覚が麻痺してしまい、お金が足りなくなった時に利用する機会が増えていました。結果、30万円の限度額はすぐに使い切ってしまい、元金と利息分の返済だけが残る残念な状況に陥りました。生活するだけで精一杯の生活だったので、カードローンの返済に充てるお金はありません。

そうなると仕事を増やすしかないので、体力的に厳しいことは理解しつつもダブルワークを始めました。カードローンを多用してしまったのは当然ながら自分の責任です。しかし、金利の高い融資商品のメリットとデメリットを理解できたので、決して無駄な経験とは思っていません。

●借金で困っている人に読んで欲しい記事

借金の取り立ては違法であるケースもある

借金において取り立て行為が行われることもありますけど、取立てって何だか怖いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
それはドラマとかの影響が大きいのかもしれないですし、現実に起きている取立てがああいった恐喝に近いようなものとは限りません。
しかし、取立て行為自体は現実にも存在しているので、そこは知っておいてほしいです。
確かに作り話のような、迫力のある怖い取立てではなくても、取立て自体を恐れているような人はいると思うのです。
そういった人は、自分が受けている取立て行為の中には違法なものもあるので、やめさせることができるということは知っておいた方が良いでしょう。
どういった行為がそれに当たるのか?というと、例えば取立てを遅い時間とか、朝早い時間に行うのはダメです。
債務者といえども、そういった時間帯に取立てにこられたら迷惑どころか、日常生活を普通に送るのさえ難しくなってきてしまいますから。
だからこそ、夜の9時以降から朝の8時にかけての時間で取立てをするのは法律で許されていません。
したがって、もしそういった時間の中で取立てが行われたら、それは違法なやり方だということでやめさせることができるということになります。
借金をしていると、取立てというのはよくあると思うのですが、その取立てに関しては違法なものと合法なものに分かれるので、それは知っておいた方が良いのではないでしょうか。
そして、場合によっては適切な対応をしていってほしいと思います。