借金生活に慣れてしまう怖さ

借金で一番怖いのは、借金に慣れてしまうことです。
最初は借金を返済するために一生懸命になります。

それが何度も続くと借金をしてもすぐに返済ができると思いこんでしまいます。
返済は大変だったはずなのにそれができると、いつもできると思ってい舞う怖さがあります。

その心の甘えがさらに借金を増やしてしまう結果となってしまいます。
借金はしないという強い意志を持たないと、何度も同じことを繰り返してしまうでしょう。

借金をするのは楽ですが、返済はかなり大変です。
それを嫌というほど体験してきたので、今後は新たな借金を作らないようにしたいと思います。

若い時は借金をしても返済期間が長いので、それもあって借金をしてしまうのかもしれません。
借金の返済は大変ですが、少しずつでも返済をしていき、必ず完済したいと思います。

借金があると行動が制限されてしまいます。
そのため、やりたいこともできずに、どうしても考え方が消極的になってしまいます。

私は借金生活をして10年以上経ちましたが、それ以前の思考に戻りたいと思っています。
そのためにも借金という重圧から早く解放されたいものです。

少なくとも老後には借金ゼロにしたいと思います。
借金の原因はいろいろありますが、やはり無理なお金の使い方をしてしまったことと、なんとかなるという安易な気持ちがあったと思います。

今後は借金体質を改め、貯金体質に変えて行きたいと思っています。
自分の目標や夢を実現するためにも、借金という余計な心配から早く解放されたいです。